台東区で人気の家族葬

台東区の家族葬の悪い所

台東区の家族葬の悪い所の写真

家族葬では、一般の参列者から弔慰金を受け取ることはありません。

そのため、家族葬では通常の葬儀よりも実際に家族が負担する金額(持ち出し額)が大きくなることがあります。解決策としては、葬儀社に見積もりを依頼する際に、実際の費用がどれくらいになるのかを確認する必要があります。実質的な負担が予算的にきついようであれば、葬儀内容を見直してみるのも一つの解決策です。家族葬のデメリットとしては、周囲の理解度を意識しなければならない点が挙げられます。比較的新しい葬儀形式であるため、高齢者や親族の理解を得ることが難しく、故人とのお別れができなかったことを後悔する人もいるかもしれません。そのため、家族葬で故人を見送ることについては、死亡届などで理解を得ることが大切です。場合によっては、葬儀に参列する人が少なくなり、結果的に香典の収入が少なくなることもあります。葬儀費用の多くを香典で賄うことになるため、葬儀費用の面で葬儀家の実質的な負担が増える可能性があります。お住まいの地域や故人や遺族の地位や立場によっては、家族葬という形式に違和感を覚えることもあるでしょう。その可能性がある場合は、事前に話し合って理解してもらうことが大切です。また、葬儀後に不在だった近所の人や友人が故人の自宅に弔問に訪れる可能性もありますので、そのような場合にも対応できるように準備しておく必要があります。家族葬のデメリットとしては、葬儀を知らせなかった親族からの恨み節や、友人や知人が勝手に自宅にお見舞いに来る可能性があることなどが挙げられます。家族で家族葬を計画していたとしても、故人が亡くなったというニュースをきっかけに、大勢の人が葬儀に参列することがあります。葬儀会場の席が足りないなどの不測の事態が発生し、参列者に失礼が生じることもあります。通常のお葬式の場合、追加料金が発生するのが一般的です。などが挙げられます。参列者が限られているため、香典返しの品が不足していたり、緊急の対応が必要な場合もあります。ご家族だけで行うため、ご家族以外の方から「お別れをしたかった」「声をかけてもらえなかった」という声が出ることもあります。また、後日訪れる外部の人も多いため、当面は自宅での対応に追われることもあるでしょう。しかし、それらをデメリットと捉えるのではなく、対応を予想することが大切です。親族に最後に会いに来てもらうのは、ありがたみのない仕事だと捉えることが大切かもしれません。また、周囲の理解を得られないこともデメリットの一つです。人によっては古風な人もいるので、家族葬を理解してもらえない可能性があります。そのような方にも理解してもらえるように、家族葬のメリットとデメリットを説明することが大切です。故人が高齢で知人が少なかった場合や、故人が小規模な葬儀を希望していた場合には、その旨も伝えておくことで理解してもらえるかもしれません。中には、小さな家族葬は寂しいと思っている人や、故人に失礼だと思っている人など、家族葬を嫌がる人もいるので、家族葬の大切さを理解してもらえるように、丁寧に説明することが大切です。