台東区で人気の家族葬

台東区の家族葬の良い所

台東区の家族葬の良い所の写真

家族葬は、故人の家族や親しい友人だけが参列できるスタイルなので、故人の遺言や遺族の希望が反映されやすく、自分たちの希望する葬儀を行うことができます。

一般的な葬儀では、遺族は故人の悲しみに追われて葬儀の運営や参列者への対応に追われ、故人とのお別れができなかったことを後悔している方も少なくありません。一方、家族葬では、親族や親しい友人と一緒に故人とのお別れをすることができるので、ゆったりと故人を偲ぶことができます。通常の葬儀では、突然のお別れのために遺族の気持ちが整理できず、出席予定人数を考慮して会場や食事、香典返しなどの手配をしなければなりません。そのため、遺族の精神的な負担が大きくなってしまうこともあります。一方、家族葬は親族や親しい友人が参列するため、準備に費やす時間が大幅に短縮されます。周りを気にせずに葬儀当日に故人のことを考えることができるという大きなメリットがあります。家族葬を選ぶ人が増えている理由の一つに、家族葬の方が現代の価値観に合っているということがあります。近年では、故人が高齢であり、付き合いのある友人が少ないというケースが増えています。その結果、参列者が減り、葬儀の規模も小さくなってきています。自分の葬儀に対する意識調査によると、「自分の葬儀はシンプルなものにしたい」という人が86.3%、「自分の葬儀は家族だけで見守ってもらいたい」という人が64.4%となっています。これを見ると、大多数の人は、自分が亡くなった時に大規模な葬儀を行うのではなく、親しい家族や親族だけで静かに大切な人を見送りたいと考えていることがわかります。家族葬にかかる費用は、地域や葬儀社、会場の規模によって異なりますが、一般的には40万円~150万円程度です。家族葬の魅力の一つは、宗教的な儀式に縛られることなく、自由な発想で故人や遺族の思いを反映させることができる点です。少人数制の葬儀なので、式場に必要なスペースも少なくて済みます。そのため、式場を利用する費用も通常の葬儀よりも安くなる傾向にあります。一般の方への挨拶を気にする必要がないため、通常のお葬式よりも精神的・肉体的な負担が軽くなります。一般の方への挨拶や対応に時間を割く必要がないので、故人との最期の時間を集中して過ごすことができます。通常のお葬式の見積もり金額と請求金額の違いは、食費や返礼品の費用で、実際の参列者の人数によって異なります。一方、家族葬は基本的に家族や親族のみで行うため、招待人数の見積もりが大きく外れることは少なく、見積もりと請求書の差額が発生することは少ないです。家族葬にしたからといって、費用が大幅に下がることはありません。一般的に、葬儀にかかる費用の約半分は「式場費用※」で、残りの半分は「接待費(接待)」と「宗教上の指導者への謝礼」です。このうち、家族葬では「接待費」のみを減額することができます。また、香典による収入があまり期待できないため、費用の大半を喪主が負担することになります。しかし、一般的な葬儀では参列者の人数によって追加費用が発生することもありますが、事前に参列者がわかる家族葬であれば、事前に費用の目安を知ることができます。また、参列者の対応をする必要がないため、ゆったりとした気持ちで故人とのお別れができ、故人との思い出に集中することができます。