台東区で人気の家族葬

台東区での家族葬の定義の写真

台東区での家族葬の定義

家族葬の特徴としては、家族や親族以外の方が参列することが一般的で、一般の方への配慮やおもてなしがないことが挙げられます。

また、小規模な葬儀であることから、家族葬の場合は総費用が安くなるという印象を持っている人も多いでしょう。しかし、この点については後述しますが、家計からの実質的な負担を考えると、トータルコストでは良いとすら言えない場合があるので注意が必要です。

故人と親しかった家族や親族、友人などを中心に行う葬儀を「家族葬」といいます。生前にお世話になった方への告知を中心とした従来の葬儀(一般葬)とは異なり、故人と親しくしていた方だけが故人との最後のお別れの時間を共有できるという新しいスタイルの葬儀です。事前に家族葬をご希望される方が半数以上を占めており、実際にご依頼される方の中にも家族葬をご希望される方が多くいらっしゃいます。家族葬を希望される方は年々増えてきていますが、まずはお客様に「家族葬が本当に自分に合っているのか?を考えていただきたいと思います。

近年、少子高齢化、ご近所付き合いの希薄化、核家族化、価値観の多様化などの社会的背景から、家族葬への関心が高まっています。家族葬」の明確な定義はありませんが、一般的には家族や限られた親族で行う小規模な葬儀を指します。「家族のみ」や「親族のみ」で行う葬儀もあれば、「近親者のみ」で行う葬儀もあり、個人や葬儀社によって参列の範囲は様々です。家族葬だからといって、家族だけが参列できるとは限りません。親族や故人の親しい友人、家族以外の故人の死を悲しんでいる人が葬儀に参列しても構いません。家族葬という言葉のイメージにとらわれず、納得のいく形で葬儀を行うことが大切です。家族葬というと、参列者が少なくこぢんまりとしたイメージがありますが、葬儀の内容や流れは基本的には普通のお葬式と同じです。一般的には、家族や限られた親族だけで行う小規模な葬儀を「家族葬」と呼びます。しかし、「家族葬」には具体的な定義がなく、「家族のみ」「親族のみ」「親しい人のみ」「親しい人のみ」など、参列者の人数は人によって、また葬儀社によっても異なります。

喪主様が参列者の人数を把握し、ご家族の人数に関係なく、ゆったりとしたペースで故人様とのお別れができる「家族葬」と呼んでいます。お客様のご希望をお聞きし、ゆったりとしたペースで故人様を弔うことができる「家族葬」をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。家族葬と聞くと、密葬と思われる方も多いと思いますが、密葬とは違います。

密葬とは、家族で葬儀や火葬を行い、その後、別の日に告別式や本葬を行うことをいいます。密葬と本葬が合わさって一つの葬儀となり、密葬のようなものはありません。一方、家族葬の場合は、家族や親族、親しい友人、知人などが葬儀や火葬を行うことになり、それ自体が葬儀の形になります。後日、本葬やお別れ会を行うことはありません。

台東区で家族葬をするなら葬儀社グランドセレモニー